ホーム企業情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

社名に込めた思い

2000年の3月のことです。
経営コンサルタント(中小企業診断士)として生業を立てていた私に、元ヤマト運輸会長小倉昌男さんが設立したヤマト福祉財団からセミナー講師の依頼がありました。
なぜ福祉の団体から?不思議な気持ちを抱きながら訪れたヤマト福祉財団のオフィス。

今は亡き小倉昌男理事長にはじめてお会いしました。
福祉に経営の視点をとおっしゃる小倉昌男さんの言葉の意味が良くわからなかったことを今も覚えています。

日本には、「作業所」だとか「授産施設」と呼ばれる障害者施設があって、そこでは障害者に月1万の給料しか払っていない。
これは間違っている。
月給1万円から脱出するために、福祉の職員たちに経営を学んでもらうセミナーをやっている。
手伝ってほしい。

その後に訪れた福祉施設。
小倉昌男さんのおっしゃるとおり、経済活動が行われていました。
そして障害者が働いていました。
小倉昌男さんのおっしゃる通り、月給1万でした。
小倉昌男さんの憤りが良くわかりました。

3年後の2003年。小倉昌男さんからは、「福祉だけを見るのではなく企業側への働きかけもせよ」
というアドバイスのもと、「福祉」「ベンチャー」というあい反する言葉を並べた「福祉ベンチャーパートナーズ」が誕生いたします。

福祉に経営の視点を。
企業はもっと障害者の働く場を。
F:福祉 V:ベンチャー P:パートナーズに込められた創業時の思いです。

もっと遠くへ。もっと沢山の障害者の働く場をの思いで、2010年、福祉ベンチャーパートナーズはFVPになりました。
FVPとなった現在も、思いは変わりません。
福祉と経営の融合を通して、私たちは障害者 の働く場づくりを変わらず支援し続けてまいります。

代表取締役
大塚 由紀子

日本大学文理学部哲学科卒業。
コンサルティング会社での勤務を経て1999年独立。
障がい者の自立支援活動を行っていたヤマト運輸元会長の故小倉昌男氏との出会いをきっかけに、「福祉と経営の融合を通して障がい者の働く場をつくっていきたい」と2003年、株式会社福祉ベンチャーパートナーズを設立。2010年、商号を株式会社FVPに変更する。


お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

おといあわせ

関連コンテンツ

  • 障がい者雇用現場レポート。おおつかがゆく!
  • ATARIMAEに働く場日記。代表おおつかのブログ
  • 情熱職員応援メッセージ!稲山のパワフル就労支援ブログ
  • 障害者の働く場の今!をお届けします。障害者の働く場づくりメルマガ登録はこちら
  • 東京都障害者雇用優良企業に認定されました
  • ATAEIMAE PROJECT(あたりまえプロジェクト)|私たちはATARIMAEプロジェクトに賛同しています。

※ページを印刷する際には、ブラウザの「背景の色とイメージを印刷する」などで、背景色を印刷するようにしてください。