ホームニュース > 「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」報告書を公表(厚生労働省)

#

「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」報告書を公表(厚生労働省)

更新日:2018年08月10日

「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)を踏まえ、今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会が開催され、2017年9月以来15回の開催を重ね、その研究会の報告書が取りまとめられ公表されました。
今回の報告書の内容は、今後、労働政策審議会(障害者雇用分科会)に報告し、議論に繋げていくことになる予定とのことです。

本報告書の項目は、主に下記のものです。
1、 多様な働き方のニーズ等に対応した障害者の雇用の質の向上に向けた取組の推進
2、中小企業における障害者雇用の推進
3、障害者が長く安心・安定的に働き続けられる環境整備に繋げる制度の在り方

「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」報告書に関する、
厚生労働省の発表に関する詳細はこちらhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00679.html

 

お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら
お問い合わせ

おといあわせ

関連コンテンツ

  • 障がい者の働く場レポート。おおつかがゆく!
  • 障がい者の働く場日記。代表おおつかのブログ
  • 情熱職員応援メッセージ!稲山のパワフル就労支援ブログ
  • 障がい者の働く場の今!をお届けします。障がい者の働く場づくりメルマガ登録はこちら
  • 東京都障害者雇用優良企業に認定されました
  • ATAEIMAE PROJECT(あたりまえプロジェクト)|私たちはATARIMAEプロジェクトに賛同しています。